試験監督はアルバイトでできる

医療や福祉系の仕事に就くためには、国家・民間資格を取得しなければならないケースがほとんどです。

資格試験を受験し、合格した人だけが従事できる仕事が多いものです。

そのため、年間数回の定期的な試験が行われることになります。

こうした資格試験を受験する際には、試験監督が必ずついているものです。

この監督の仕事は、アルバイトとしてすることができる職種の一つです。

正規雇用で働くという人はあまりおらず、登録している企業や協会などから紹介されて仕事をするという流れになるのが一般的です。

ただし、一般的な求人情報誌や求人情報サイトなどに、広く募集をかける場合もあります。

ほとんどは経験者を優先的に採用することが多いですが、サポート業務は初心者でも採用してもらえることがありますので、応募条件をきちんと確認してみてください。

業務は試験の準備から始まり、試験中の対応や試験後の後片付けまで丸一日かけて働くことになります。