iphoneを修理してくれるお店をご紹介

iphoneが壊れてしまった場合、販売当初はアップルストアのみでの修理ができなかったため非常に不便でした。アップルストアは日本に8店舗しかないため地方に行けばいくほど修理が難しいものでした。しかし現在はアップルの正式なサービスプロバイダーといわれるものが全国各地の拠点にあり、より身近に修理を行うことが可能になりました。アップル正規サービスプロバイダーはアップル社から正式に認定を受けなければならず、認定されるためには修理サービスを行うスタッフ全員が、アップルの認定資格を所有していることやアップルと協議した上で規定された店舗を準備することで初めて認定に至ります。このアップルの正式なサービスプロバイダーはiphone以外のアップル製品にも対応しています。携帯ショップの一部店舗でもiphoneの修理サービスが開始されました。

iphoneの修理を受けるための手順を説明します

iphoneの修理を行うためには修理窓口での受付が必要になります。来店で修理を行うのか、宅配業者に引き取りにきてもらう場合で方法はことなります。アップルの正式なサービスプロバイダーで修理を行う場合、店舗によっては予約が不要なところもあります。しかし部品の在庫によっては来店してもすぐに修理の対応ができない場合もあるため、あらかじめ部品の在庫などを確認することが大切です。アップルで修理をうける場合は事前に予約が必要となり、その予約に合わせて来店することで大抵の場合にその場で修理を行ってもらうことができ、即日で持ち帰ることが可能です。アップルに直接来店出来ない場合は引き取りサービスを依頼します。これもアップルの問い合わせから申込むことができ宅配業者が自宅まで引き取りと修理の完了したiphoneの宅配を行ってくれます。また修理期間中の代替え機を頼むことも可能です。

iphoneの修理にかかる値段の相場

iphoneの修理でもっとも多く聞くのが液晶パネルの修理です。うっかり落としてしまい液晶のガラスが割れてしまったという人も多いと思います。この液晶パネルの修理にかかる値段は保障サービスに入っているか入っていないかで大きく異なってきますが保障に入っていても7000円から8000円程度かかり、保障サービスに入っていない人においては15000円程度かかります。保障サービスにはアップルが提供しているものと携帯ショップが独自で行っているものがあり、どちらにおいても月額で400円から600円程度かかります。アップル正規サービスプロバイダーで修理を行う際に液晶パネルの修理は本体ごと交換する場合もあるため3万円程度かかってしまう場合もあります。そのためあらかじめ液晶パネルに保護シートをはり落とした際に衝撃をやわらげガラスが割れないように予防することも大切です。